映像と日常と~estwald2002のブログ

主に映像作品の感想文を書いていきます

映画「閃光少女 Our Shining Days」感想

  • 2017年、中国・香港
  • 監督:ワン・ラン
  • 主な登場人物:
    チェン・ジン(シュー・ルー)…音楽高校の伝統音楽部で学ぶ2年生の女の子。「楊琴」というバチで弦を叩く楽器を弾く。夢見がちで直情径行、芯が強い。ワン先輩に一目惚れしてしまう。
    ・リ・ヨウ(ポン・ユーチャン)…ジンといつも一緒にいる、大唐鼓(大太鼓)専門の男の子。何かとジンの力になる。
    ・ワン(ルオ・ミンチエ)…西洋音楽部の3年生。卓越したピアノの腕前で留学を目前に控えている。
    ・シャオメイ(リュー・イョンシー)…伝統音楽部の3年生。2次元(アニメ・コミック・ゲーム)を愛し、動画サイトでは「千指様」とあがめられている古箏の弾き手。冷静な性格。古典に詳しい。
    ・ベイベイ、ターター…シャオメイのルームメイト。ロリータコスプレがトレードマーク。それぞれ阮咸(げんかん)と琵琶を弾く。
    ・サクラ…シャオメイのルームメイト。過去にいじめられた経験から、一言もしゃべらず、いつもフードをかぶっている。二胡を弾く。
    ・教育局領導(イーソン・チャン)…学校を視察しに訪れた教育局の局長。
  • あらすじ:

    西洋音楽部と伝統音楽部との間で何かと小競り合いが絶えない音楽高校。学校側は西洋音楽部びいきで、伝統音楽部の入り口には鉄格子が付けられてしまった。ひょんなことでジンはピアノを弾くワン先輩に一目惚れし、告白するが、あえなく玉砕。しかし楊琴をバカにした彼を見返すために、シャオメイたちを仲間に引き入れてバンド「2.5次元」を組む。彼女らの演奏は次第にネット上で若者たちの評判を呼ぶが、ワン先輩にまたもこっぴどく振られたことで、ジンは楊琴をやめる決意をする。ところがそんな時、伝統音楽部への新規入学生募集を中止するという学校の決定が言い渡される。これを阻止しようとするジン、ヨウ、シャオメイをはじめとする伝統音楽部の学生らと、伝統音楽を見下す西洋音楽部との音楽対決が始まった…!

  • 感想:

    日本映画「のだめカンタービレ」や「帝一の國」を彷彿とさせる学園コメディ映画である。さげすまれて来た伝統音楽部の復興を目指す学生たちの活躍と、それに混じって時折淡い恋模様が描かれていく。廊下を挟んで伝統音楽部と西洋音楽部とが音楽対決するところは見ものである。西洋音楽であるリムスキー=コルサコフ作曲「熊蜂の飛行」の演奏で伝統音楽部が西洋音楽部に勝ってしまうのは面白かった。それを聴いていた視察中の教育局領導は「素晴らしい、鉄格子は撤去しなさい」と学部長に指示する。そして国家行事の「こども音楽会」にて学校側が宣伝目的で西洋音楽部に演奏の場を持たせた際に、西洋音楽部の学生たちの協力で伝統音楽部がサプライズ演奏をし、観客の親子連れとおたく達に拍手喝采されるのである。仲直りをするジンとワン先輩。ヨウはジンに淡い恋心を打ち明けるが、ジンにはまだまだ届かない様子…。明けて新学期、伝統音楽・西洋音楽を問わず多くの新入生(中には教育局領導の娘も混じっている)が校門をくぐって来るところで物語は終わる。観ていて一日本人の私が目を惹かれたのは何と言っても、本物の日本アニメのグッズやポスターが数多く登場したり、日本のコミケと全く同じような二次元を愛好する集会が登場するところだった。日本と同じおたく文化が中国・香港にも存在するのだな、とうれしくなった。ハートマークや桜の花びらをCGで描いたり、ジンやヨウをコミカルにアニメ化していたりして、映像的にもとても凝っていて楽しい。「2.5次元」や彼女らのソロの演奏は日本の「ニコニコ動画」そっくりの動画サイトで若者たちに受け入れられていた。中国語のコメントが読めればもっと楽しめるだろうに、と時々顔文字の混じるスマホ画面を見て思った。エンドクレジットでは、NG集と、日本の歌手中島美嘉の中国語の歌が流れる。そしてBGMはポップスやロック。これほど耳が楽しくなる映画もそうないだろう。

    この作品は、若手の育成と中小規模の映画の活性化を目指す第20回(2017年)上海国際映画祭メディア大奨(大賞)において、最優秀作品賞、新人監督賞、新人女優賞、助演女優賞脚本賞を受賞した。


    www.youtube.com

被爆2世になった、その最初の8月6日

昨年、広島高裁が「黒い雨」訴訟において原告の訴えを全面的に認め、当時の菅首相らが最高裁への上告を断念したことで、「黒い雨を浴びたにもかかわらず被爆者として認められていなかった」人たちが被爆者健康手帳をもらえるようになった。
僕の母は、原告団のひとりであった。昨年秋だったかに早々に手帳を受け取り、今は穏やかな気持ちでいるようだ。

そもそも僕は、母が黒い雨を3歳の時に浴びていたことや、古い認定区域内にいた伯母は被爆者健康手帳をもらえたのに、川ひとつ隔てた区域外にいた母や(既に亡くなっているが)祖母や叔母はもらえなかった、という事実を聞かされておらず、90年代から祖父らが集まって勉強会を開きそれが提訴へつながっていったということも最近知った。
未だに被爆2世という実感はあまりない。持病はあるが別の要因や生活習慣病だし。
父方の肉親を原爆で亡くしているので、その意味での「広島人」という意識はあったものの、そこまで自分が原爆に直接関わっているとは思いもしなかった。

明日は8月6日、広島原爆の日である。
亡くなった方々や傷ついた方々に静かに祈りを捧げたい。
今日の昼間みたいな豪雨でも降らない限り、朝から平和公園へ行って慰霊碑を巡ったりしたいと思っている。

2019年8月6日の6時頃の空

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」感想

  • 2017年、アメリ
  • 監督:ルパート・サンダース

  • 主な登場人物:
    ・少佐/ミラ(スカーレット・ヨハンソン)…襲撃された難民ボートから救われ、脳以外を完全な「義体」にされた。「公安9課」にて「少佐」と呼ばれ部隊を率いる。記憶のバグに悩まされている。
    ・バトー(ピルウ・アスベック)…義眼の巨漢。義体のパワーを生かし格闘戦などで活躍する。少佐とはつかず離れずの仲。
    ・荒巻(ビートたけし)…公安9課の課長。冷静な判断力と政治力で9課に指示を下す。
    ・クゼ(マイケル・カルメン・ピット)…高度な「電脳」ハッキング技術を操り、ハンカ社の技術者たちを殺害していくテロリスト。少佐に強い興味を抱いている。
    ・オウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)…ハンカ社の技術者。少佐の身体を作ったひとり。
    ・カッター(ピーター・フェルディナンド)…ハンカ社の社長。政府の要請により完全義体化戦士を開発し、その第1号として少佐を9課へ送り込んだが…。
    ・トグサ(チン・ハン)…9課の一員。電脳化はしているが身体は生身という9課では珍しい存在。

  • 用語:
    義体…人体の一部を金属や人工筋肉などで補った身体。肉体の寿命や頑強さが飛躍的に高まる。四肢や内臓だけ置換した者もいれば、少佐のように全身を義体化した者もいる。ハンカ社は義体の総合開発会社である。
    ・電脳…脳にデバイスをつなぎ外部との通信を可能にした状態。ネットを介して外部記憶にアクセスしたり、無線機なしで他者と会話ができる。
    ・公安9課…総理直属の組織で対テロ活動の実働部隊。情報戦と荒事が得意。

  • あらすじ:
    人が電脳化・義体化することが珍しくなくなった近未来。巨大企業ハンカ・ロボティクス社は政府の要請により脳以外は全身義体の兵士を作る計画「プロジェクト2571」を進めていた。その最初の完成体であるミラは公安9課で少佐と呼ばれ、高い戦闘能力によって9課を率いていた。ある日、クゼと名乗る謎の男によるハッキングでハンカ社の技術者が相次いで殺害される事件が発生する。クゼは「ハンカと組めばお前たちは破滅する」との謎のメッセージを残していく。記憶のバグに悩まされつつクゼを追う少佐と9課だが、そこに待ち構えていた罠とは…。

  • 感想:
    SF好きなら知らない人はいない士郎正宗原作コミック「攻殻機動隊」のアニメ化作品「GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊」(1995年、日本)をベースとした実写化作品である。ただし、TVアニメ版「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」(2002年~)や映画「イノセンス」(2006年)の要素も多少取り入れられており、言ってみれば「攻殻機動隊」という作品総体のオマージュと言っていい出来に仕上がっている。具体的には、少佐を演じるヨハンソンや荒巻課長を演じるビートたけし、それにバトーを演じるアスベックはアニメの容姿をコピーしたかのようにキャスティングされたと思われるし、1995年版「攻殻機動隊」でのキーワード「プロジェクト2501」は「2571」と数字を変えて出ており、クゼというテロリストは「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX 2nd G.I.G」の登場人物であり、バトーの犬好きなところは「イノセンス」からの引用である。

    さて、この作品を評価するとなると、一部は大変微妙だと言わざるを得ない。香港や上海の高層ビル群や雑然とした街路を撮り入れ、悪い意味のハリウッド・テイストを消しているのはよい(製作にはドリームワークスが入っている)のだが、正直1995年版アニメの方が無国籍さが徹底されていて良かった。また、荒巻課長役としてのビートたけしの起用には疑問を抱かざるを得ない。滑舌の悪さと、彼自身の監督主演作品と同じような銃使いの振る舞いは、「攻殻機動隊」という作品のクールさに合っていないと思う。これなら荒巻役にはもっとしゃっきりした別の俳優をキャスティングした方がよかったと思った。

    とはいえ、いいところもある。巨大な廃ビルの間の水たまりを男が逃亡し、その上空に鳥のような不気味な飛行機が飛び、水上で少佐が男を叩き伏せるシーンは、1995年版そのままでニヤリとさせられる。また、少佐の「ミラ」としての記憶はハンカ社が植え付けたニセのもので、実は少佐はクゼと以前恋仲だったが二人ともハンカ社に連れ去られプロジェクト2571のために身体を実験台に使われ、記憶を消されていたというオリジナル部分も、このような社会設定であればありそうなことだとうなずけるものだった。クゼと少佐がハンカ社に空中から狙撃される部分は、これまた1995年版のオマージュである。

    少佐はオーレイ博士の犠牲により自分の本当の記憶を呼び覚ます。カッター社長は、少佐狙撃の罪を問われて荒巻に射殺される。「草薙素子」という名の刻まれた自分の墓のそばで、生き別れた母親と抱き合う少佐。(母親役は我々の年代には懐かしい桃井かおりである。) そして9課には次なる新たな命令が下るのであった。「攻殻機動隊」ではもうおなじみの、ビルの屋上から急降下し光学迷彩で姿を隠す少佐のシーンで、この映画は終わる。

    全体として「まあよく作ったご苦労様」というのが感想である。そして、これを見た後はもしできれば日本で作られたアニメ版「攻殻機動隊」も見てほしい、と言いたいところである。また、日本語吹き替え版ではアニメ版の声優がそのまま演じているので、そちらを見るのもお勧めである。

    www.youtube.com

映画「最強のふたり」感想

  • 2011年、フランス
  • 監督:オリヴィエ・ナカシュエリック・トレダノ
  • 主演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー

  • あらすじ:事故で首から下がマヒした富豪フィリップが新たな介助人に雇ったのは、スラム街に住む陽気な青年ドリス。フィリップをいわゆる障害者扱いせず、友達のように親しく接するドリスとの仲はどんどん深まるのであった…。

  • 感想:
    愉快、痛快な映画だった。何しろドリスは無免許運転もする前科者。かたやフィリップは代々大金持ちの上流階級の人間。ドリスとフィリップがこれほどに意気投合するとは誰も思わないだろう。これはひとえに、ドリスのあけすけな性格が良かったのだと思う。普通、フィリップのように車椅子に座って身動きできない状態の人間を前にしたら、映画冒頭の面接のように「障害者が好きなんです」「何もできない人を助けたい」「人間に興味があって…」といった人たちばかりになるだろう。しかしドリスはそんな遠慮などしない。介助されているフィリップの素の姿に挑戦し、時にからかい、共に遊ぶ。「『今回は残念ながら』って失業証明の書類にサインしてくれる?」と面接で言い放った彼を選んだフィリップも、「コイツは面白い奴だ」と思ったのだろう。その予感は当たっていた。フィリップの生活は明らかに良い方向へと変わった。
    大きな屋敷に豪華な内装、おしゃれなバスルーム。それを満喫し、女性秘書に色目を使うドリス。そんなドリスと対等に、いや「これ健常者向けのチョコだって、あはは!」などとブラックジョークを飛ばされてフィリップも面食らったかもしれない。そして、車椅子用の設備が付いている車両ではなく、排気量の大きなスポーツカーで街中をぶっ飛ばされて、さぞ心地よかっただろう。
    一番印象的だったのは、フィリップが恋人への文通を口述筆記しているのを見て「まだるっこしいなぁ!」と彼女へ勝手に電話をかけたり、ラストでフィリップに彼女を引き合わせて去るドリスだった。
    何と、これは実話を元にした映画である。実際のドリスのモデルは黒人ではなくアルジェリア系の移民だが、今でもフィリップのモデルとなった富豪と親交があるそうだ。
    見終って、自分も立場や意見の違う知人を大事にしていきたいと思った。

    この映画は、2011年の第24回東京国際映画祭で東京サクラグランプリ(最優秀作品賞)と最優秀男優賞をダブル受賞した。

    www.youtube.com

映画「羅小黒戦記」感想

  • 2019年、中国
  • 原作・脚本・監督:MTJJ
  • 制作:北京寒木春華動画技術有限公司
  • 邦題:「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」(2020年公開)
  • 日本語吹き替え版配役:
    ・小黒(シャオヘイ)…花澤香菜
    ・無限(ムゲン)…宮野真守
    ・風息(フーシー)…櫻井孝宏
    ほか

  • あらすじ:
    緑深い森の中で平和に暮らしていた黒猫の妖精シャオヘイ。だが、ある日人間による開発の手が入り、そこを追いやられてしまう。村や街を放浪するシャオヘイを拾ったのは、木を操る妖精のフーシー。彼はシャオヘイを故郷によく似た島へ招待し、「ここに住まないか」と誘う。喜んだのもつかの間、人間でありながら最強の「執行人」(問題を起こした妖精を捕獲し連れて行く役目の者)と呼ばれるムゲンがフーシーを捕らえに現れ、戦いの中、シャオヘイはフーシー達とはぐれてしまった。
    ムゲンはいかだを作りシャオヘイを乗せ、大海原へ発つ。激しい反抗にも疲れてきた頃、シャオヘイはムゲンの「霊域」に招かれる。そして霊域は全ての生き物が持っていること、自分にムゲンと同じ金属の属性があることを知らされる。金属を扱う術を学ばないか、とムゲンに言われ、「うまくすれば逃げられるかも」と学び、たちまちその才能を開花させるシャオヘイ。
    とある海岸にたどり着いた二人は、陸路龍遊市を目指す。隙あらば逃げ出そうとするシャオヘイを、ムゲンはそのたび捕まえる。彼はシャオヘイを妖精達が平和に暮らし人間との共存を目指す拠点「館(やかた)」に連れて行きたかったのだった。そして彼はシャオヘイに「お前は『領界』を持っている」と教える。領界の中では全ての霊域を操ることができる神に等しい力が得られるという。また、シャオヘイは途中で出会った他の執行人から「フーシーは悪い奴ではないが人間を憎みすぎる」と聞かされる。初めて食べる人間の美味しい料理、バイクの旅、ホテル…。「フーシーは悪い奴じゃない! あんたもね…いい人でもないけどさ!」。
    一方、シャオヘイを取り戻したいフーシーは他の妖精を襲い「強奪」の能力でその力を奪い取っていた。そして仲間の協力を得て二人が龍遊市へ向かうことを察知し、先回りする。
    人口1,000万人、そして「決して人間には知られない」掟を守りつつ500人の妖精が住む大都市龍遊市。地下鉄に乗ろうとしたところでフーシーの仲間がシャオヘイを奪う。地下鉄車両の内と外での戦いはムゲンの勝利で簡単に決着が付き、そのまま館からの迎えを待つことにしたが、今度はフーシーが強奪した能力と仲間を携えて現れる。彼にシャオヘイをさらわれてしまったムゲンは他の執行人達に戦いの事後処理とフーシーの捜索を頼み、シャオヘイの行方を追って飛ぶ。
    再会を喜ぶシャオヘイに、フーシーは「ここには元々俺たちの住んでいた森があった」と語り始める。森と妖精が共存していたある日、人間が入り込んだ、木を倒し家を建て、神をあがめる弱い人間達とはいい思い出もあった、しかし開発が進み森はどんどん荒らされていった、多くの妖精達がここを去り、館は人間との共存を選んだが、出て行くべきなのは人間の方だ…と。「分からないけど、僕には何だか間違っている気がする。人間が嫌いならかかわるのを止めてあの島のような場所で暮らそう?」と答えるシャオヘイを拘束し、「人間は侵略と破壊ばかりだ、すまない、お前の力が必要なんだ」と言いつつ強奪の能力を使うフーシー。フーシーの目的はシャオヘイの領界だったのだ。
    駆けつけたムゲンによってシャオヘイは救われたが、領界を奪われたためその命は消えかかっていた。ショッピングモールの地下で領界を広げていくフーシーを止めようとムゲンが襲撃する。ふたりの戦いの最中に龍遊市中心部を飲み込むほど広がる半球状の黒い領界。その中で繰り広げられるムゲンとフーシーの死闘の行方は…。そしてシャオヘイの能力が覚醒する…!

  • 解説・感想:
    本作は、2011年からwebで公開されている連作短編アニメが元となっていて、当初はMTJJ監督のほぼ手弁当で制作されていた。現在bilibili動画にて番外編を含め50本ほどが公開されており、再生回数は3億回にのぼる。当然音声も字幕も中国語であるが、有志の日本語訳が付いたものがYouTubeで数本見られる。本作はその連作の4年前という設定で一から新しく作られたものである。
    まず、2019年9月に、中国での公開とほぼ同時に日本でも上映された。これは在日中国人向けのいわばビジネス的実験であって、申し訳程度の日本語字幕をつけてごく少数の映画館で始まったのだが、これを観た主にアニメ業界人がSNSを介し評判を広げ、次第に客席のほとんどを日本人が占めるようになった。1週間後の座席指定すら満席になったという話もある。その根強いヒットを基に日本のアニメ製作・配給会社が日本語吹き替え版を作り、2020年11月に全国132館で公開したのが「~ぼくが選ぶ未来」である。
    子供の姿にも化け物にも変身できる可愛らしい子猫の妖精「小黒(シャオヘイ)」の「小」とは「~ちゃん」程度の意味なので、日本語では「クロちゃん」という名前と思ってよかろう。(「羅」はweb版でシャオヘイを拾った少女の名字。)
    私は日本語吹き替え版の予告を観て興味を持ち、舞台挨拶付きの初日に観に行った。
    まず、映像クォリティが非常に高いことに驚いた。目が回りそうな激しい戦闘シーンだけでなく、日常的な何気ない動きの描き方がとても丁寧なのである。落下していくシャオヘイをムゲンが襟をつかんでキャッチし、パッパッと服の乱れを直してやる仕草など、とても微笑ましい。キャラクターはシンプルな線で描き、ほとんど影を付けない独特の画風、そして美しい背景、使うべきところに効果的に使用されている3DCG。実は現在世界的にはディズニーやピクサーを代表に(また中国も例に漏れず)3Dアニメが流行っているのだが、日本では相変わらず「君の名は。」「鬼滅の刃 無限列車編」「劇場版呪術廻戦0」など2Dアニメが大ヒットしている。それらと同じ2Dの土俵上にあり、絵的に全く遜色のない本作が中国で生まれたのは驚異だ。当然向こうの制作者はジブリ作品を始め日本アニメの大ファンで、それらが画風に影響を与えているのだろうと思うと、こちら側の日本アニメファンとしては感慨深い。これがたった50人ほどの、しかも美術学校を出たての人を含む若手ばかりで作られたと言うのだから、すごい。
    作画だけではない。ムゲンや、龍遊市で花の配達をする花の妖精に代表される「人間と妖精との共存」の思想には、おそらくアジア圏の多神教文化が色濃く反映されている。ナタという非常に強い執行人が終盤に登場するが、このキャラクターは中国ではフリー素材と言っていいほど一般化し民衆にあがめられている神が原型であることからしてそうであろうと考える。ムゲンとシャオヘイとの戦いに敗れたフーシーは、自らの姿を森に変えた。自然と人間は共存できるのか、それとも対立し一方が消滅するべきなのか、という普遍的でスケールの大きなテーマに対し、フーシーの最期を提示して一つの回答を破綻なく描いている。共存を選択したシャオヘイがムゲンに「フーシーは悪い人だったの?」と問うと、「お前の中にちゃんと答えがあるんだろ」と答えがある。そう、どちらも悪くない。私たちに必要なのは、互いを認め合うことなのだ。(森と化したフーシーは公園になった、との公式のコメントがある。)
    しかし、やはりフーシーの「死ねーっ!」は私にはダメだった。強い覚悟の表れとはいえ、それはシャオヘイに対しては言って欲しくなかった。最後に発した言葉「シャオヘイ、ごめん」には泣けるが。
    館には住まず別れを告げて去るムゲンにシャオヘイが「師匠! 僕、一緒にいてもいいですか!?」と叫ぶラストもいい。抱きつくシャオヘイをしっかり受け止めるムゲン。いい師弟関係になってくれることだろう。
    のんびりした田舎が続くかと思うと、ムゲンや妖精たちが人間同様スマホを活用していたり、地下鉄の構内に金属探知機が備わっていたりと、中国国内の風景が垣間見られるのも面白い。
    また、中国人のツボにははまるらしいギャグも我々には新鮮に見える。日本人が作ったら時代遅れと言われるものかもしれないが。
    中国語原語と日本人声優の吹き替えを聞き比べると、どちらも違和感なく合っていて素晴らしい。
    日本語字幕には、「初期字幕」と、日本人から分かりづらいと指摘され作り直された「通常字幕」と、日本語吹き替え版が公開された後にもう一度作られた「最新字幕」の3種類があり、バリアフリー日本語字幕と合わせて4種類の字幕が完全生産限定版Blu-rayには収められている。吹き替えとはニュアンスが微妙に違っており、見比べ聞き比べるのも一興である。
    MTJJ監督は「続編を制作中」と明言しているので、それを見られる日が来るのが楽しみだ。

  • 参考資料:
    ・完全生産限定版Blu-ray同梱ブックレット、縮刷版アフレコ台本
    ITmediaビジネスONLINE「異例のロングランヒット、中国アニメ『羅小黒戦記』の舞台裏に迫る」(2020年5月21日) 

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2005/22/news013.html
    ・同「『鋼の錬金術師』監督が語る、中国アニメ『羅小黒戦記』ロングランヒットの訳」(2020年5月22日) 

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2005/23/news004.html
    ・「羅小黒戦記」公式Twitter(@heicat_movie_jp)
     (中国の二十四節気に合わせて作画スタッフから可愛らしいイラストも投稿さ   れている)
    ・《非公式》羅小黒戦記FAN Wiki

    lxh-fan-wiki.site

     

    www.youtube.com